女性には特売の冷凍枝豆だって幸せの素になる

スーパーで買い物をしてマイバッグに荷物を入れている時、レジの店員さんとお客さんの会話が聞こえてきました。

「この冷凍の枝豆、特売価格になっているかしら?」とお客さん、「特売価格になっていますよ。今日はとってもお買い得」と特売価格を言う店員さん。
「まあ、そんなに安いのなら2袋買っていくわ」とお客さんの嬉しそうな声が聞こえてきました。

私の隣で荷物を詰めていたお客さんが「えっ?何が安いんですか?」と、会話に加わります。
枝豆が特売であることが分かると「私もあとで買います」と嬉しそう。

「そんなに安いなら、私も帰りに買っていこう」と、隣のレジの店員さんまで言い出しました。
お店としては定価で売っている時に買ってもらった方が、利益が大きくなるけれど、パートタイマーの店員さんには関係ありませんからね。

女性はどんなに忙しくても不機嫌な時でも、「安い・特売」という言葉を聞き逃すことなく反応してしまいます。
そして100円でも安くお買い物ができると、それだけで「今日は良い日」になってしまうのです。
だからこそ女性は幸せに感じることが多くて、長生きできるのかもしれませんね。